オートショップDD

私たち「保険見直し隊」である顧客様に対して、改めて安心をお約束したいと思ったこと

私たち「保険見直し隊」である顧客様に対して、改めて安心をお約束したいと思ったこと

2021-10-30 08:00:00

ども!

隊員レッドの八野です!

今回のある出来事に驚きと、同じ保険を扱う者としての怒りを感じたのでこれは報告致します!!

先日 ウチのお客様から日曜日の朝に連絡があり

「DDさん!僕の友達が高速道路で単独事故にあってしまい、動けなくなってしまってるのですが、こんな時はどうしたら良いですかー!?」との一報…。

私 レッドはすぐさまその事故現場のドライバー(お友達)と電話を繋いでもらい、状況を聞き、安否の確認 避難の必要性などを判断した上でアドバイスさせて頂いたのちに、すぐに事故車両を救出すべく、当店のレッカー車でレスキューに向かいました。

不幸中の幸い?

と言うべきか、事故現場が近かった事もあり、又 ウチのレスキュー隊長「R」くんの動きも迅速だった為、20分後には到着することが出来ました!

事故後は誰しも不安を感じる中、私たちは迅速に対応でき、ドライバーさんに安心していただく事が叶いました。

単独事故という事もあり、警察の実証検分や調べも意外に早く終わり、ドライバーさんにはレッカー車に一緒に乗って当店まで移動。(幸い怪我もなくホッと一安心)


しかし、さらに困ったことは、この事故後にあったのです、、、

問題はここからなのです!

このドライバー様、事故の報告の為 保険会社に連絡をしようとするも連絡が取れないとの事…

え? 保険会社さんで、連絡取れないって、一体???

「保険見直し隊」隊員レッド 流石におかしいと思い、ドライバーさんとちょっとお話しを…。

すると、、、、、

まぁ、簡単な話し、よくあることなのですが、、、

どこかの保険会社のどこかの代理店で保険加入されてるみたいでして、ドライバーさんが知るのはその担当者の個人名のみ…。

は?え? どういう事?

加入者であるドライバーさんが、どこの保険会社の保険に加入してるか知らない上に、担当者は連絡も取れない…。

加入者さんに説明の義務は勿論あるし、事故や故障時の連絡先を伝えておくのも絶対!!

これ、一体 どういう事ー!?

暫くすると、その担当者さんからドライバーさんに連絡が入ったので、レッドが代わりに対応…。

すると、更に驚き…

(担当者)
「ウチ いくつかの保険を扱ってまして、〇〇さんが加入してる保険がどこかわからないんですー!すみませんがまた明日調べてから連絡しますー!」

(レッド)
「いやいや…  代車が出る保険内容かどうかも知りたいし、早く調べてよ!」

「担当者」
いや、今日、ウチは休みでして、そう言われても困りますし、そもそも連絡されても困ります…。」

とのこと…

いやいや、困ってるのはドライバーさんだよ…。

私 隊員レッドも 流石に怒りを通り越して、お話にならないって思い 困り果ててるドライバーさんにウチの無料代車をお渡しし、ひとまずご帰宅いただいたのでした。

このドライバーさん 即日 現在加入の保険会社をウチの保険会社に乗り変えたのは言うまでもありません。

いつもは乗り換えを積極的に勧めることはしないレッドも、今回ばかりは流石に「見直すべきですね。」と。

まず

管理顧客が多いと言えど、ドライバーさんも担当者も、どこの保険会社に加入してるのか解らない…。


今困っている人に、調べてから明日連絡します… と。

その上

休みの日には連絡は困ります… と。

事故なんて、いつおきるか分かりません。

その為に保険があり、担当者がご契約者様を安心して頂くためにその使命を果たさなければならないと私たちは思っています。

保険商品を扱う同じ立場の人間として、

腹立ち
怒り
驚き

終いには

恥ずかしさ

さえ覚えてしまいました。

それと同時に、ウチがこの先 もし管理顧客がどんどん増えて、お一人お一人の情報を覚え切れない程になったとしても、絶対にこの担当者の様にはならないでいよう!

どれだけ管理顧客様が増えてもどんな時でも対応できるサービス体制を整えて、顧客様の緊急時の対応を迅速に行える会社になろう!

と再確認した今回の出来事でした。

どんな立場になったとしても、(困った人を助けたい)。

その気持ちはずっと念頭に置いていたいですね。


今回は保険のお得情報ではないけれど、読んで頂き有難うございました!

私たち「保険見直し隊」である顧客様に対して、改めて安心をお約束したいと思ったこと 画像_1